読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

若いままの姿

 

ブログの書き方を忘れるくらい久しぶりの投稿となってしまった。

 

何だろう・・・、12月に娘がおたふく風邪、1月に娘がインフル

エンザ、2月に息子が胃腸風邪で3日間欠席・・・。看病疲れも

多少あるだろうけど、私は特に体調を崩していないのに気分が凄く

重かった。 

 

そう、重すぎて毎年命日に書いているのに書けなかった。今は春

めいて来たからか全くそのようには思わなくなったが、冬の間は

「主人め~、何で病気になりやがった!?」と本気で恨んでいた。

 

 

さて、最近同窓会のお誘いが多かった。結局は行く元気が出ず

不参加だったのだが、その一つに小学校の一学年まるまるの

同窓会があった。

 

先ほどその幹事の子と別の同窓会の件で連絡を取っていたら

同窓会の写真を送ってくれた。担任の先生、30年前そのままで

「お爺ちゃん」に片足突っ込んではるって感じでしみじみした。

 

「先生には4~6年と3年間も受け持って頂けて本当に良かった」

と思えるような先生だった。先生のおかげでちょっとはまともな

人間になれたと思っている。

 

だからこの30年間、先生のことはたまに思い出していた。当然

当時の20代後半のまま(笑)。そこで思った。誰の頭の中にも

40代以上の主人は浮かばないんだな・・・と。

 

人の記憶の中で若いままでいられるのも悪くないなと思った。

 

(いやいや、自害するつもりはコレッぽっちもない)

 

 

 

ポチっとお願いします☆
にほんブログ村 子育てブログ 死別シングル育児へ
にほんブログ村