読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「逃げ恥」、終了!

毎週楽しみにしてた「逃げ恥」が終わってしまった。“終わって

しまった” というか “終わった” で良いか (^^;

 

個人的には9話で “気持ちを伝え合ってハッピーエンド” で良かったと

思う。今まで雇用契約のシーンはクスクス笑いながら見ていたが

最終話は行きすぎて「高学歴の人の恋愛・結婚ってコムズカシイ!」と

いうのが正直な感想だ。初婚、しかもヒラマサさんは初恋なのに

何故そんなに堅苦しい?

 

いやいや・・・、原作がマンガなのにここまで牙をむかなくても良いか。

 

 

しかし、このドラマを見ていると二度とゴメンだと思っていた結婚を

したくなった。主人がちょっとヒラマサさんタイプなのと、星野源さんが

お箸は右だが、字を書く時とダーツの矢を投げる時は左利きになるので

(常に)左利きだった主人を思い出してしまったのも大きいだろう。

 

しかし、もう初婚でも初恋でもない私はコムズカしく考えてしまう。

結婚は契約だと考えずにできない。ドラマのようにはいかんわな (^_^;

 

結論=やっぱり妄想の域は越えるようなことは望まないでおこう。

 

 

ポチっとお願いします☆
にほんブログ村 子育てブログ 死別シングル育児へ
にほんブログ村

 

サンタ問題

以前チラッと書いたことがあったが、娘は昆虫にハマっている。

先日は幼虫の本をせがまれ、私には無理に見せないと約束させた

上で買ってやった。

 

昨日は昆虫館に行って来た。今年でもう三回目である。帰りには

ロビーに置いてあった昆虫のガチャガチャ(ガチャポン?)を

やりたがった。昨日、今日とカブちゃんとクワちゃんと一緒に

寝ているようだ (^^;

 

 

さて、もうすぐクリスマス。二人ともサンタを疑う発言をする

ようになってきたが、特に下の子はもうちょっと夢を見てても

良いかと思いシラを切り通している。

 

娘「クリスマスは昆虫の “何か” を買ってな~」

私「えっ? “お母さん” に言うの?」

娘「だって “お母さん” やろ?」

私「 “サンタさん” に言いや」

娘「だって “お母さん” なんやろ?」

私「ほんなら “サンタさん” に昆虫グッズが良いて言うとくわ」

娘「上手いこと言うな~」

 

いやいや娘よ、君こそ上手いこと言うようになったな~。

お母さんはビックリしたよ (^_^;

 

娘が二歳四ヶ月の時、主人の大病が分かってから私は気が気で

なく普通に構ってやれなかったからか、はたまた単にそういう

性格なのかは分からないが、入学まではやけに変な意味で素直

だった。

 

しかし入学してからはだんだん小憎らしいことを言える

ようになったり、ツッコミが出来るようになったり、

今日のように上手いこと言えるようになった。

 

もう「 “サンタさん” は “お母さん” だ」ってバラしても良い

ような気になった。

 

 

ポチっとお願いします☆
にほんブログ村 子育てブログ 死別シングル育児へ
にほんブログ村

 

ケンカの顛末

息子は平静を装って(?)学校から帰ってきた。そして普通に

話しかけてくる。しかしココで何もなかったかのように普段

通り対応すると「何をやっても許される」と勘違いされかね

ないので私は怒っているふりを続けた。

 

すると息子の発する言葉が「です・ます調」になった。普段

ほとんど歌わない息子が鼻歌を歌い出した。やっぱり自分が

悪かったと思っているようだった。

 

しかし夕食の時間が過ぎても、お風呂の時間が過ぎても一向に

謝ってくる様子はなかった。放っておいたら何日でもこの状態が

続きそうだった。

 

こんな状態はまる一日あればもう充分だろう。寝る前に息子に

「悪いと思ってるん?だとしたら何%くらい?」と尋ねてみた。

すると「ほぼ100%」と言った。そして息子は「ごめん」と

言った。

 

ケンカ終了!

 

息子よ、まる一日で済んだのは父ちゃんのおかげやで。

お母さんなんか昔、お婆ちゃんと一週間は口きかへんかった

こともあったわ (^^;

 

 

ポチっとお願いします☆
にほんブログ村 子育てブログ 死別シングル育児へ
にほんブログ村

 

ごめんね、子供達・・・

気分がどんよりとして何をする気にもなれなかった9・10月、

幸い11月に入った頃から少し薄日が差してきた。

 

 

しかし、本当は昨年済ませておくべきだった娘の「七五三参り」に

昨年から「来年行こう」と思っていたのに、いざ11月に入っても

全く行く気になれない。

 

息子の三歳と五歳は行った。娘の三歳も行った。じゃぁ娘の七歳も

行かないと・・・。なぜ行きたくないか考えた。2分で答えが分かった。

 

主人がいないからだ。

 

息子の五歳と娘の三歳は主人の転勤先で行ったのだが、今お参りに行く

なら息子の三歳の時に行った近所の神社だ。その神社・・・、お隣が

娘の同級生のお家なのよね・・・。

 

どこかに遊びに行く時に主人がいなくても周りの人に「お仕事かな?」

って思われて終わりと思えるが、こういった家族の行事にいないと

周囲の目を気にしてしまう (T_T)

 

 

 

薄日が差してきている割に家庭内の空気を悪くしてしまった。息子が

私の容姿の欠点についてしつこく三回も言ったからである。一回目に

言われた時は普通に諫め、二回目に言われた時は叱った。しかし息子は

三回も同じことを言った。

 

努力して何とかなる事柄なら非を認めようもあるが、容姿のことを悪く

言われても困る。子供達には容姿のことで人を悪く言ったり、笑い者に

するような人間にはなって欲しくない。謝って来るまでは、必要意外は

関わらないことにした。

 

息子は何を思っているのだろう・・・、お風呂で泣いていたようだが

謝る気配は全くなく・・・、「もう寝て来ぃ」というといつもより

30分も早いのに素直に寝てしまった。

 

「もうその辺にしといたり」と言う主人の声が何度も聞こえてくる。

しかし、ここで何もなかったことにしたら息子の性格の歪みは直せ

ないだろう。

 

仲裁者が息子から見えないのに許すわけにはいかない。家に大人が

一人しかいないってなんて不便なんだろう!

 

いやいや、素直に謝れるような方向に持って行ってやるのが私の

仕事なんだろうな・・・。明日、頑張ってみよう。

 

 

そんなブルーな気分の時に今クール話題の「逃げ恥」を見た。

先週までは何も思わなかったのにヒラマサさんを見てると主人を

思い出した。主人はあそこまでヒドい草食系ではなかったが、

常に穏やかなヒラマサさんを見ていると同じく穏やかだった

主人がとても恋しくなった。

 

 

ポチっとお願いします☆
にほんブログ村 子育てブログ 死別シングル育児へ
にほんブログ村

 

息子の病気《経過観察2》

息子の血液検査の数値が、春から改善が見られず良くないと

分かった8月末からずっと気持ちが落ち込んでいた。息子は

元気だが、あまりにも数値が悪化するとキツい薬を使わないと

いけないと聞いていたので毎日ひやひやしていた。

 

本当は今月初めに血液検査を受けるよう先生に言われていたが

バタバタしていて今日になってしまった。検査結果を聞くのは

非常に緊張する。主人の時から何度も何度もこの緊張感を味わって

きたが未だに慣れない。

 

さて今回の結果だが先生から「まだちょっと数値が高いけど、これ

くらいなら鼻炎の人にはよくある数値。大丈夫でしょう」と仰って

頂けた(T_T)

 

心の中でしとしと降り続いていた雨が上がったような気分だ!

他にも色々悩むことがあり、心は未だ曇り空だが薄日が差す

状況に近づけたような気がする。あ~、良かった(^o^)

 

ポチっとお願いします☆
にほんブログ村 子育てブログ 死別シングル育児へ
にほんブログ村

 

カブトムシ3

まさかこのタイトルの更新をするとは私は思っていなかった。

しかし10日程前だっただろうか?夢の中で夏にカブトムシを

飼っていたケースをひっくり返したら幼虫が3匹出てくるのを

見たのだった。 

 

息子はコツコツタイプなので成虫の死後も「卵を産んだかも」と

期待しつつ頑張ってカブトケースの土を湿らせていた。でも旅行に

行ったり、暑くて一日忘れただけでも気付いたら土の表面が乾いて

いたことが何度もあった。

 

私は幼虫はいないと思っていたが子供達は期待していたし、万が一

いてたらラッキーだと思い別の箱にガサガサっと開けてみた。

 

すると夢に出て来た幼虫より大きなのが夢と同じ数だけ出て来た。

私はびっくりした!テンションがかなり上がった!!!

 

しかしキモチワルかったので、喜びながらも正直に「気持ち

わる~!」と叫んでしまった。

 

幼虫を観察しながら息子が「カブ男君とカブ子ちゃん(=幼虫の

親)喜んでるかな?」と言った。自然とこれ以上ないという

くらい心を込めて「頑張って(生きて)るんやもん。そりゃあ

喜んでるよ」と言ってしまった。

 

その後、幼虫の食糧である土が糞だらけになっていたので新しく

土を買いに行ってたら時間がなくなった。だから晩ご飯は簡単に

本日の特売品の冷凍ピラフにした。中に入ってたエビがど~も

昼間に見たあの白いものと重なった(苦笑)

 

最近、育児に悩んだり、人に迷惑をかけたことで落ち込んだり、

人生これで良いのかイジイジ考えたりで、かなりブルーな気分

だったが幼虫のおかげで元気になれた。

 

ありがとう!カブ男君、カブ子ちゃん!!

君達の子供は皆で頑張って育てるよ!!!

 

 

ポチっとお願いします☆
にほんブログ村 子育てブログ 死別シングル育児へ
にほんブログ村

 

スマホ問題

yahoo!ニュース」に「貧困家庭にスマホは贅沢か?」という

見出しがあったので読んでみた。他の人から見れば「そんな

物にお金をかけて・・・」と思うものでも、その人にとっては

優先順位が高かったりすると言った内容だった。全くその通り

だと思った。(←ちなみに本題はもっと深い話だった)

 

ちなみに私は未だにガラケーを使っている。しかも使い始めて

もうすぐ10年だ!お金が勿体なく感じるので本当はガラケー

すら持ちたくないのだが、学校からのメール連絡や病院予約の

為には持たなくては不便なので持ち続けている。

 

趣味のサークル内では「LINE」で連絡をとりあっている。

ガラケーからスマホにしようと思うとかなり金額がUPする

ので、苦肉の策でPCでLINEをしている。急ぎの連絡が

あると、メールを送ってくれたり、相談ごとにリアル

タイムでのることができなかったり色々迷惑をかけている。

 

正直言うと、主人が生きていて同じだけ稼いでくれていたら

恐らくスマホにしただろう・・・。人に迷惑をかけない為の

経費は削るべきではないのかも知れない・・・。

 

 

スマホで一つ思い出したこと。半年程前に少し遠くの回転寿司に

行ったのだが、そのお店の注文する機械がスマホっぽい操作を

知らないと使えないタイプだった。

 

タッチパネルかと思ってトントン叩いていたがいつまでたっても

ページが変わらず困ってしまった。「もしかして!?」と思って

画面をサッと一撫でするとページがめくれた。

 

子供達には友達から「そんなことも知らんのん?」と言われて

ほしくない。やっぱりスマホは必要経費なのかも知れない。

 

 

ポチっとお願いします☆
にほんブログ村 子育てブログ 死別シングル育児へ
にほんブログ村